あなたは清潔?イケメンだけが持っている清潔感を3つの段階で解説【清潔感を徹底解説】

メンズ美容総合
カテゴリー

よく女性が男性に求めるものにオシャレよりも「清潔感」というものがあります。

もしも人間がジャングルで生活していたら、風邪にかかっただけで死ぬリスクが高まるので「清潔」を求めるのは本能に根ざした欲求とも言えますね。

事実、ノースカロライナ州立大学の研究者の調査によるとチンパンジーの寝床は平均的な人間のベッドより清潔という驚くべき報告があるくらいです。

本能に根ざしているのですから、男女問わず必要なものと言えるでしょう。

しかし、そんなに大切な「清潔感」って一体なんなんだ?と思いませんか?
なぜこのような疑問が生まれるのでしょうか?

それは精神が発達した人間はチンパンジーのように単に綺麗なだけではダメだからです。

結論から言えば「清潔感」は大きく分けて3段階に分けられます

最も大切なのは匂い、次に見た目、そして内面です。

ではその中身を具体的に徹底解説したいと思います。

匂いからくる清潔感

最も清潔感を演出するために必要なのは「匂い」と断言できます。

例えばトイレに入った時に嫌な匂いがすれば汚い、いい匂いがすれば清潔だと一瞬でわかるかと思います。

それ以外でも、食べ物を食べる前の美味しそうな匂いは美味しさを、通り過ぎた女性の匂いが良かったら美人と連想しますよね?

つまり、匂いというのは最も早く物事を判断するための感覚と言えます。

生物として弱いから臭い!?

臭い食べ物を想像してください、納豆、チーズ?シュールストレミング?
これらの食べ物は全て菌が発酵するために悪臭を放ちます。

人間も同じで、抵抗力の弱い人や不衛生な人は匂いが臭いです。
病気の人って独特な匂いがして、近寄りたくないと思いませんか?

そのように我々人間は直感的に臭いものから離れたいという本能があるので、体臭が臭いというだけで人に嫌われてしまいます。

具体的には、口臭は胃の弱り、虫歯などを連想させたり、加齢臭は身体が衰えて酸化しているために起こります。

逆に有能な人間は健康的な男性ホルモンの匂いがするために有能と認識されます。

つまり健康が体臭対策で最も大切

どんなオシャレよりも匂いが大切な理由

イケメンがなんだ?と生物的に考えた時にたくさん女性とSEXできることだと思います。
これは未来に自分の遺伝子を残し続けることが可能になる事が理由です。

世の中のヒットソングのほとんどが恋愛ソングだと考えれば、否定のしようがない事実かと思います。

そして、女性のほとんどが男性より匂いを判別する能力に優れているのもまた事実です。

実際の研究ではドイツの行動生理学研究所の嗅覚に対するある実験で、自分や配偶者のシャツの匂いを嗅ぎ当てる人のほとんどが女性だったようです。

また匂いを判別する鼻の細胞数も女性が1620万個、男性が920万個で、女性の方が1.76倍多かったようです。

参考文献:Oliveira-Pinto AV et al.,  Sexual dimorphism in the human olfactory bulb: females have more neurons and glial cells than males. PLoS One. 2014;9:e111733.

見た目からくる清潔感

匂いと違って明確に分かりにくい清潔感が、この見た目からくる清潔感だと思います。
匂いから来る不潔感は、臭い=汚いと割と分かりやすい感覚だと思いますが、見た目が清潔かって少し分かりずらいと思います。

例えば、爪が伸びている男性は不潔に見られるのに、女性は爪を伸ばしていたりします。
これって矛盾だと思いませんか?笑

そのように分かりやすい基準がないので、基礎的なポイントを知ることが大切です。

不自然なものはNG

見た目を考えるときに自然というのはとても大切です。
つまり、自然界にあるものかどうか?という事です。

例えば自然にある美しいもののほとんどが左右対象です。
逆にホラー映画の怪物なんか左右非対称だったりしますね、例えばフランケンシュタインなんかそうかと思います。

自然から外れることは目立つ一方で不快感を与えてしまう可能性があるので、個性よりも自然なものを目指す事が大切です。

明るい色は基本的にNG

世の中で好まれる色ってすごく自然なものが多いと思います。
例えば落ち着きや優しさを与えてくれる北欧デザインの家具とかは、白やグレー、モスグリーンなど自然的な色が多いです。

逆に自然界で毒を持ったキノコや生き物はすごく明るい色をしており、毒を持っているから近づくな!というアピールでもあります。

ヤクザや不良が派手な服を着るのも、俺は攻撃的だから近づくなよ!という危険信号だと言えますね。

つまり、モノクロや自然の色を取り入れ、パステルカラーや発色の良すぎる色は避ける方が無難と言えます。

オシャレとは個性ではなく共通認識

よくオシャレ頑張りすぎて痛いやつって学校にいませんでしたか?

このような間違いは一般的な認識からくるズレがほとんどです。
大多数の中にはコレがオシャレだよねという事が、なんとなくテレビの芸能人やファッション誌などで共通の認識になってます。

例えば一般的には黒髪で清楚な女子が可愛いというのもAKBなどが人気だからです。
実際のところは、ギャルより黒髪清楚系の方がビッチだったりするのも、大多数の需要に合わせている結果とも言えます。

だからまずは、個性より流行っているファッションをそのまま真似る方が実際はコスパがとてもいいです。

内面から来る清潔感

よく口が悪い人のことを「言葉が汚い」と言いますよね。

ほとんどの場合では言葉使いが汚い人は男女問わず好かれないと思います。
いつ自分が不快な思いをするか分からないのですから出来るだけ関わりたくないですよね笑

職人さんって口が汚い人が多いですが、それは個人プレーで完結する場合がほとんどだからです。
その逆に何人も従業員や部下がいるような社会的地位の高い人はチームで動かないといけないので、コミュニケーション能力が高く、非常に言葉使いが丁寧です。
あと、個人的に関わってきた社長さんたちはみんな腰が低い!!

つまり、偉くなりたい、モテたい!という人は言葉使いを綺麗にしてイケメンになりましょう。

実はサイコパスが少ない社会のリーダー達

言葉が汚い人の多くは他人の気持ちが分からない人が多く、そのような代表としてサイコパスが最もそれに近いかと思います。

よく、会社の経営者にサイコパスが多いという話が有名になりがちですが、実際にはそんなに会社の経営者にはサイコパスはいないようです。

確かに、人員の削減によるコストカットなどサイコパス的要素が必要になってきますが、そのような言動が続いては人は誰も付いてきません。

相手の気持ちが分からない人に、いい商品やサービスが作れると思いますか?

言葉使いが綺麗な人は人の気持ちがわかるので角が立たず、みんなの中心になりやすいので社会的に成功しやすいです。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました