【男で美肌】メンズスキンケアの基本を順番に解説。基本を抑えてイケメンに!

基礎知識
カテゴリー

なんでもそうですけど、基本ってすごく大切です。

食べ物でも五大栄養素(タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル)のバランスが一番大切。

それなのに、効果のよく分からないスムージー、青汁、酵素など楽なものだけ続けてしまうのが人間の性格かと思います。

スキンケアも同じで、優れた商品はたくさんありますが、やっぱり当たり前の事、つまり基礎的な事を続けられることが一番大切です。

そんな、スキンケアの基礎を改めて見つめ直して、イケメンを攻略していきましょう!

スキンケアをするにあたっての前提条件

正しいスキンケアをする為には前提条件をいくつか知る必要があるかと思います。

スキンケア商品にそんな期待しない

たかがクリームで10才も若返ったり、シワが消えたりするはずはないのはなんとなくわかるかと思います。

肌は内側から作られるものなので、しっかりと健康的な食事心がけ睡眠を取ることが大切。

その上で、更なる改善で高みを目指すためにスキンケア用品が存在すると言っても過言ではないです。

値段が高いから効果が大きいわけじゃない

スキンケア用品って驚くほど価格差が激しいです。

逆に言えば安くても効果が同じなわけでもないです。

なぜこのように差が激しいのかといえば、効果が曖昧な点にあります。

人によって体質や生活習慣、様々な要因の結果として肌が変化しますから、なかなか変化がわかりません。

しかしながら、どんな商品でも続けられなけらば意味がないので、その点は共通しているかと思います。

2〜3週間試してみるのはセオリーかと思います。

スキンケアは予防

洗顔、保湿、日焼け止めがもっとも一般的で効果的なスキンケアの基礎といえます。

これらの3つは、顔を清潔に保ち、乾燥や紫外線と言った外からの刺激から守る働きが主です。

つまり、これらを正しく行なっているのに肌が荒れてしまう人は食事や睡眠、運動習慣などを見直した方がいいと思います。

皮膚科学会の一番シンプルで効果的な2つのスキンケア

米国皮膚科学会(AAD)は世界最大の皮膚科医による学会であり、僕ら一般人にガイドラインを出してくれるありがたい団体です。

本当に効果のあるスキンケアは2つ!

AADがおすすめしている一番効果的なスキンケアの結論は2つだけ!

  • 保湿剤(保湿クリーム、乳液など)
  • 日焼け止め(SPF30以上)

これを毎日することによって、すごい効果が期待できるよ!って書いてあります。

解説①:元々の再生機能できれいになる。

肌は細胞ですので、常に体の中から作られます。

人間の肌は優秀なので余計なことをせず、保湿だけして肌水分を蒸発させなければ、内側からどんどんきれいになります。

解説②:美容成分は肌から吸収されない。

ADDの見解では、美容成分は分子が大きいために肌には吸収されないらしいです。

同じような話で、高須クリニックの高須院長も

吸収はしません。肌には、外の刺激から体を守る“バリア機能”がありますから。そう簡単に外のものを吸収したら、大変なことになっちゃいます」(高須クリニック・入谷英里先生)

つまり、保湿されればなんでもいいので、ワザワザ高いクリームを買う必要はないということですね。

安いものだとセタフィル がテカらなくて、よく伸びるのでおすすめ。
ニベアやワセリンはベタついて不潔に見えてしますので好きではないです。
⬇️
これ一つで3ヶ月はもつのでコスパもいいです。

解説③:紫外線のダメージはすごいので、防ぐべし。

肌がダメージを受ける最も大きな原因は「紫外線」です。

紫外線が当たることによって、皮膚に炎症を起こして赤みが出たり、DNAを破壊して肌のたるみ、シミ、最悪ガンを誘発させます。

ADDがすすめる日焼け止めの条件

  • SPF30以上
  • 広域スペクトラム
  • 防水性

つまり、いろんな種類の強い紫外線を吸収した上で、汗で落ちない日焼け止めということです。

なんの日焼け止め使えばいいか分からない方は
実際に僕が使ってるコチラがおすすめ。
⬇️

【1年検証】NULLメンズ用日焼け止め実際に使ってみた。口コミ、評判は本当なのか?汗にも強くてべたつかないので女性にもおすすめ!
皆さん紫外線対策はされていますか? 登山などでは、バックや服に紫外線防止スプレーをかけたりします。 どうやら、紫外線の影響で登山用品の劣化が進んでしまう為らしいです。 物だって紫外線で劣化してしまうわけですから、むき出しの...

毎日これだけ!イケメンになるスキンケア習慣

基本的には、洗顔で肌の衛生環境を良くし、クリームで保湿保護、日焼け止めで外部からの刺激を防げばOK。

あとは徹底的に刺激を与えないことが大切です。

肌に刺激を与えるNG行為

さらっとやってはいけない事を見てみましょう。

  • スクラブ入りの洗顔で肌をこする。
  • 泡立てネットを使わず洗顔。
  • 手でゴシゴシこする。
  • 熱いお湯で流す。(ぬるま湯)
  • 手を洗わずに洗顔。

洗顔

基本的に肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっています。

その一番外側にある角層は0.02mmしか無いので、ゴシゴシ擦ってしまうと角層を壊してしまいます。

洗顔は油分に付着した、ゴミや菌を洗い流せればいいので、泡で優しくフワフワと洗えばOKです。

その際しっかりと水を含んだ泡をネットで作れば十分落ちます。

お皿などを洗剤で洗うとき、水と良く混ぜると簡単に落ちてしまうのと同じです。

保湿

洗顔後、入浴ごなど、肌の表面の皮脂を流してしまったあとは、肌の乾燥を防ぐための膜が存在しません。

このタイミングでなるべく早く保湿クリーム、乳液などを顔に満遍なく塗ってください。

洗顔保湿剤など何を使っていいか分からない方

amazonなどで1位を獲得したバルクオム のセットがおすすめ。
男性用にリサーチして作られているため、かなり効果が高いです。

【バルクオム公式】FACE CARE SET(洗顔料・化粧水・乳液セット)|メンズスキンケア メンズコスメ BULK HOMME bulkhomme

amazonだと少し高めなので、ちょっと記入は手間ですが安く買いたい人は公式がおすすめです。

公式はコチラ<<<<<<

日焼け止め

基本的に外に行く場合は日焼け止めを必ず塗ったほうがいいです。

朝家を出る前に塗り、3時間ごとにこまめに塗るのがいいと思います。

BBクリームなど、直接肌を守る化粧品などをしている場合はこまめに塗らなくてもOKです。

最後に…

意外とシンプルですが、これだけを毎日続けられる人って意外といないと思います。

続けてみるとびっくりするくらい改善されるので、しっかりとやっていない人はやってみる事をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました